継承・再生・転生

2015-10-13

NHR_01築38年木造住宅の全面耐震改修工事。
今までの住宅の良さを引き継ぎ、再認識し、現在の住い方にあわせた新しい住宅に生まれ変わることを目的としている。
『継承』
住宅の最大の特徴は、南側の庭に面した縁側の空間。暖かい日差しがふんだんに入り、風通しも良くとても気持ちの良い場所であった。
この空間を住宅に取り込み今までの空間の良さと雰囲気を残す計画とした。

一部は中心となるリビング・ダイニングに取り込み、家全体が光と庭につながる空間とし、もう一部はそのまま縁側として残し想起できる空間としている。
『再生』
基礎を含めた耐震補強は、既存の柱・梁を残す計画とした。補強により今後も十分に耐震機能をはたすことが可能となった。
傷んでいた柱は補修を行い、今までと同様、大壁を採用することで古材の良さを活かした意匠としている。
物に隠れ存在を忘れられたかのような和室にあった書院風の出窓は、仕上を綺麗にすることで寝室の窓として存在を示し、柔らかな光と気持ちの良い風を取り込む場所となった。
『転生』
続き間となっていた和室2室とダイニングキッチンは、寝室、リビング・ダイニング・キッチン、アトリエとして生まれ変わることとなった。
以前は建物の端で光が入りにくい場所にあったダイニングキッチンは、住宅の中央に移動させることで、明るく生活の中心となる場所となった。
アトリエはリビング面して設け、引戸を開け放すことでつながりのある空間としている。
床仕上は、全て無垢のフローリングを採用した。

耐震補強により、脆弱であった構造体は、強度をもった今後も耐えうる構造体として生まれ変わり、少し暗い印象のあった生活空間は、縁側の光を取り込み、間取りを変更することで明るく気持ちの良い空間に生まれ変わった。
今までの良い場所を残し取り込むことと機能を取り戻すことは、改修設計において重要であり、新しくできる空間を特徴付ける要因となると考えている。

建設地:東京都中野区
計画面積:130.68㎡
規模:木造 2F
竣工:2015年9月

改修後写真 Power Photo By Ryota Atarashi

Copyright© 2013 Kuroda Studio All Rights Reserved.

〒107-0062 東京都港区南青山4-9-28 金子ビル3F
電話:03-6805-2912 FAX:03-6805-2913

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.