Archive for the ‘house’ Category

千川の住宅

2017-09-17

SHH_11豊島区千川の住宅。都心部では比較的ゆとりのある豊かな住宅地での計画。
東側道路で東西に奥行のある敷地において、自然光が入り明るく、風通しが良く、開放感があって外部とつながる家が求められた。
生活の中心となるリビング・ダイニングを東西方向に大きく配置し、吹抜けのある空間として計画。東西両方向に大きな開口を設け十分な採光と通風を確保した。
隣接建物が近い南側は上部に開口部を設けることで、プライバシーを保ちつつ更に光と風を住宅内に取り入れている。 (さらに…)

DOMA

2012-05-08

HNH_06八王子市の丘陵地に建つ住宅。
雛壇上に区画された地域の一角にある計画地は、東側に大きく開き周辺の住宅地を見下ろすことができ風と光をふんだんに感じられる気持ちの良い場所。
朝日を感じ毎日を明るく元気に気持ち良くすごせる住宅として、眺望と光と風を意識して計画を行った。
クライアントの要望は、住宅内にバイクをおくことのできる土間のある空間。 (さらに…)

千川BOX

2011-12-08

TMH_04豊島区千川の閑静な住宅地に建つ完全分離型の2戸長屋の計画。
東側と南側道路の角地で、東西に長いため、北側の高さ制限が厳しい敷地である。
可能な限り矩形な建築を求められたため、敷地内の高低差を利用することと、階高を最小限に抑えることで長方形のBOXに見えるよう計画を行った。
BOXとしての形態を強調することと、クライアント要望である地震に強い家と、1戸を賃貸住宅とする可能性もあることから、鉄筋コンクリートの壁式構造を採用。 (さらに…)

掘りごたつに集まる家

2011-11-08

CIH_07美しく豊かな自然環境が広がる、八ヶ岳の緩やかな裾野に位置する住宅。
既存の景観を損なわないことと、豊かな自然環境を建築に取り込むことを意識し計画を行い、家族全員と親戚一同が集まれる大きなリビング・ダイニングを中心に、各室を配置し常に一体感を感じられる空間を構成している。
リビング・ダイニングには掘りごたつを採用し、家族の集いを意識させ、南側と北側に大きな開口を設けることで、冬場は光をふんだんに取り入れ暖かい空間に、夏場は風が抜け涼しい空間となる。 (さらに…)

目黒川を望む家

2011-02-08

MMP_02目黒川にほぼ隣接した都心の密集地における住宅計画。
敷地の東側と西側が道路という高さ制限が厳しい条件の中、恵まれた環境を最大限に住宅に取り込み、都心の密集地に住みながらも、眺望と風を感じられる空間を計画した。
道路斜線により制限される形態を建築に取り入れ、目黒川に開き、外壁の一部をガラスで構成している。生活の中心となるリビング・ダイニングを3階に配置することで、密集地でありながら、北・東側の柔らかい光と目黒川の環境を取り込んだ開放感のある気持ちの良い住空間となることを意図している。 (さらに…)

半屋外の縁側がある家

2010-11-08

TSH_02クライアントの要望は、南側に大きな庭があり縁側のある家であった。
『縁側』が住宅の特徴となり、内部空間と外部空間に有効に機能させることを意識し、全体ボリューム(屋根)の中に含まれる半屋外の縁側空間として計画した。
『縁側』を中心に、南側に庭、北側にリビング・ダイニングを配置し、内部と外部を緩やかにつなぎ、内部からはリビング・ダイニングの一部として、外部からは庭に広がりを与える場所として機能させている。 (さらに…)

東京都市住宅No.2

2010-09-08

MOH_05間口が狭く奥行きが長い敷地での2回目の計画。
本計画地は、南北に長い敷地であるため、高さ制限の影響を受けにくいが、間口が『No.1』より更に狭いため、内部空間ではよりコンパクトでありつつ広がりが感じられる計画が求められた。
1階:収納・洗面・浴室 2階:リビング・ダイニング・キッチン 3階:寝室と用途が明確な階層計画とし、それぞれの室の繋がりと上下階の繋がりを感じさせる計画としている。 (さらに…)

東京都市住宅No.1

2010-09-08

MJB_05東京の分譲地に多く見られる間口が狭く奥行きが長い敷地での計画。
本計画地は、東西に長い敷地であるため、北側の敷地境界から発生する斜線制限が敷地全体にかかり高さを確保することが難しい敷地であった。
そこで元からあった敷地の高低差を建築に取り込み多少の高さを確保すること。1階の床レベルを地盤面より下げること。斜線制限に逆らわない屋根形状とすることで、3階建てのボリュームを確保している。 (さらに…)

COLOR BOX

2010-03-08

KMH_01南北にのび、L型に区画された新しい開発地に建つ住宅。
当敷地はそのコーナー部分で、道路側の東側には生産緑地、西側はグランドに接し、広がりがある恵まれた環境にある。
この敷地環境をいかし、また構内通路への住宅の顔となるファサードを意識して、庭を囲むL型の配置を採用した。 (さらに…)

Copyright© 2013 Kuroda Studio All Rights Reserved.

〒107-0062 東京都港区南青山4-9-28 金子ビル3F
電話:03-6805-2912 FAX:03-6805-2913

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.